マツモトキヨシ

マツモトキヨシはドラッグストア事業が中心であり、売上高の9割以上を占めています。2005年8月からはドラッグストアのフランチャイズ展開を始めたほか、2006年3月にはエキナカ向けの新型店舗、2010年7月には、株式会社ローソンとの共同開発店舗を出店ししました。主に関東地方(千葉県・東京都など)、東海地方、関西圏の都市部にて小規模店舗、郊外においてロードサイド店舗を主力に展開している(その他の地域はマツモトキヨシグループ各社の運営)。調剤薬局併設型の店舗も展開しています。また、2005年8月にはドラッグストア業界で初めて電子マネー「楽天Edy」を導入しました。マツキヨポイントカードには3種類があって、カード型、Edy de マツキヨポイント、マツキヨポイントアプリです。この中で、カード型は店頭で申し込めば即日発行ができ、現金での支払いでポイントが貯まる「現金ポイントカード」と、商品券の進呈やクレジット支払い時にも「クレジットカードポイント」としてポイントが付与されるなどの特典を付与したクレジットカード一体型の「メンバーズクレジットカード」(発行や審査はオリコが担当)の2種類があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です