結婚祝い

結婚祝いとは 「結婚祝い」とは、これから結婚するふたりを祝福して贈るお祝いのことです。 結婚式や披露宴に出席しない場合、品物を贈ることを指しますが、広い意味では現金も結婚祝いに含まれます。贈る時期としては、本来は、結婚祝いを渡す相手の自宅まで伺い、大安や先勝などの吉日の午前中に直接手渡すのが正式ですが、今は挙式当日の1-2ヶ月前、遅くとも1週間前までに送る方法が一般的になっています。 万が一、当日までに送る手配が間に合わなかった場合、挙式当日持参することは先方の荷物を増やすことになってしまうのでやめましょう。その場合は後日送るほうがよいでしょう。また、大きかったり重かったりするものは、手渡しよりも自宅に送り届けるほうが親切です。結婚祝いの金額帯の目安としては、友人や同僚へ贈る場合は約1~2万円。招待を頂いていて列席ができない時などは、1万円程度のものを贈ると相手の内祝いの負担にもなりすぎずいいでしょう。結婚式へ列席することが決まっている場合は、ご祝儀も包むことを考えると、2~3千円程度の金額の物がおすすめです。また、仲のいいグループのメンバーが対象者の場合は、バラバラとプレゼントを贈るよりも、仲間内で数千円ずつ出し合い、まとめて良いものを購入するという方法もあります。これに対して、家族へ贈る場合は約3~5万円が一般的です。特に、親から子へ、または兄弟から贈る場合は3~5万円程度のものを贈ることが多いようです。(結婚式の援助金等は除く)親戚からのプレゼントの場合は、2~3万円程度のものを選ぶといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です