ヤマダ電機

ヤマダ電機は日本の家電販売最大手であり、売上高は連結で1兆5,630億56百万円、単体でも1兆3,656億30百万円ある (2017年3月期)。屋号としてのヤマダ電機にはヤマダ電機直営の店舗と子会社や提携企業が運営するものが存在します。1997年にコジマが家電製品売上高日本一の座をベスト電器から奪い優位に立ったが、ヤマダ電機が2002年にコジマを抜き去りトップに躍り出て、今日のようなスタイルとなっている。また、パソコン販売に力を入れ、独自ブランドPC構築を目的にKOUZIROを子会社化するとともに、中古PCの販売にも力を入れており、これらは法人営業に強みを持つといわれています。ヤマダ電機で買い物をする際にもらえるポイントサービスとしては、2014年12月に「ヤマダポイントカード」がリニューアルとなり、従来のリライト式からバーコード読取式に変更されています。(裏面にはバーコードに加え、携帯電話やスマートフォンのバーコードリーダー機能を利用してポイント残高を確認するためのQRコードも追加された)また、デザインは「YAMADA」ロゴが大きく描かれたブルーVer.と小さなシンボルマークが多く描かれたカラフルVer.の2種類となり、入会時又はリライト式カードからの切替時に選択できるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です