ジョイフル

ジョイフルとは、安いファミリーレストランという認識でしょうが、正確には、株式会社ジョイフル(Joyfull Co., Ltd.)は、本社を大分県大分市に置き、九州を中心にファミリーレストラン「ジョイフル」をチェーン展開するチェーンストアを子会社に持つ持株会社のことです。基本的に、小商圏への出店と低価格戦略を特徴としています。最近の話題に上がったのは、、ジョイフルが大分市中央町1丁目の商店街で、そば居酒屋、カレー店、ジューススタンドを1棟に集めてオープンさせたことでしょう。全国展開を視野に入れた実験店との位置づけだといわれています。そもそも、ジョイフルの1号店は、1979年2月に大分県大分市萩原に開店した萩原店(店舗は存続しているものの、1998年に改築されたため開店当時の建物は現存しない)です。また、原則全店直営だが、九州・山口地方にはフランチャイズ店があり、長崎県(波佐見店は除く)、沖縄県、鹿児島県奄美地方は全店がフランチャイズである。かつては地域子会社による店舗展開が行われていたが、2004年6月1日までにすべてジョイフル本社に合併された[1]。しかし、2016年1月1日をもって持株会社体制となり、店舗運営は11の地域子会社に承継されています。あまり知られていませんが、コンビニよりも早い時期に24時間営業を開始したんですね。また、2000年にはそれまで普通だった22時以降の来店客から徴収していた深夜割増料金を撤廃しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です