ラーメン二郎

ラーメン二郎とは、東京の三田・慶大前にある三田本店を総本山として、関東に展開するラーメン屋である。よく間違われるが 「ラーメン次郎」ではなく「ラーメン二郎」である。また、誤解される事が多い点として、各店舗は暖簾分けによる独立開業店であり、チェーン店ではない。その独自性、中毒性の高さから「二郎はラーメンではなく、二郎という食べ物である。」といった言葉もしばしば用いられる。ラーメン二郎のラーメンの特徴としてスープは脂分たっぷりの豚骨醤油。神奈川県の企業、カネシ商事から特注の醤油を注文していると言われている。また、麺は極太縮れ麺でとても固い。ちなみに直系店は、原則として自家製麺の使用を義務付けられている。麺は日清製粉のオーションにかん水を加えられて作られる。そして、具材に関して基本はブタ(チャーシュー)、ヤサイ(キャベツとモヤシ)、ニンニク。この点は有名であるが、ラーメン二郎では特有のコール(呪文)が存在します。ただし、コールといっても、トッピングの野菜や背脂の量をどうするか、スープはカラメにするのか、にんにくは入れるのか入れないのか。実はこれらのことを伝えるだけなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です