a4 サイズ cm

A4サイズの用紙は、縦置きにした場合、縦29.7cm 横21cmです。
現在、身近なところで使われている紙のサイズの主流は、A4判とB5判です。パソコンのプリンタなどで一般的に使われている紙のサイズがA4判、大学ノートのサイズがB5判です。それぞれの正確な寸法は、JIS規格によって決められています。 A4判やA3判など、Aと数で表されるグループは、A列と呼ばれ、A1(594×841)を基準として、図のように、A1を半分にするとA2、A2をさらに半分にするとA3、A3を半分にするとA4いう関係になっています。B 5判やB 4判など 、Bと数で表されるグループは、B列と呼ばれ、B1(728×1085)を基準として、B 1を半分にするとB 2、B 2を半分にするとB 3となります。
紙の厚さは、「90キロ」「110キロ」「135キロ」と表示されています。この「キロ」というのは重さの「㎏」のことです。「原紙1000枚分の重さが何㎏になるか」で、紙の厚さを表します。 原紙とは、紙のもとの大きさで、A列の原紙はA列本判 といって625×880 (A1判の用紙が取れる大きさ)、B列の原紙はB列本判 といって765×1085 (B1判の用紙が取れる大きさ)になっています。 原紙がA列かB列かによって、同じ種類、同じ厚さの紙でもキロ数の表示は異なります。同じ種類の紙なら、重いほど厚いということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です