はとバス

はとバスは、東京都が筆頭株主で40%弱の株式を保有する定期観光バスおよび貸し切りバスの運行会社である。同社の黄色を基調としたボディーカラーで名高い定期観光バスおよびバスツアーを「はとバス」または「はとバスツアー」という。戦後の早い時期から都内観光を開始し、かつては、地方から東京にやってきた「お上りさん」が皇居や国会議事堂、東京タワーなどを巡る東京観光の代名詞でもあった。 同社は1948年に新日本観光株式会社として設立、翌年から貸切バスや都内定期観光バスの運行を開始した。63年に現社名に変更、2003年からは「都営バス」一部路線の管理受託も行っている。09年6月現在では,東京駅などを出発点に東京・横浜周辺で、登録車両数136台のバスを運行し,昼は新旧の名所や観光スポットを巡る30~40コースの、夜は夜景やグルメを楽しむなどの約25コースの、定期観光バスツアーを常時運行している。
季節的な企画なども含めるとコースは年間200種類を数え、名所巡りにとどまらず、東京ディズニーランドを訪れるコースや、観劇や花火大会など各種の催事をコースに取り入れる他、一般には参観が難しい場所や著名な料亭などを気軽に訪れることができるコースもある。また、講談師が怪談の舞台となった場所を案内するツアーや、航空機の整備工場や水族館の裏側を知るツアーなど、テーマ性のある企画によって、観光客だけに限らず地元在住者にも広く人気を博している。外国人観光客向けには、貸し切りバスの運行だけでなく、イヤホンによって英語や中国語、韓国語などで解説するサービスがあり、英語・中国語で案内する定期コースもある。個人で訪れた外国人観光客と日本にいるその知人が一緒にツアーに参加することもでき、国際化の時代に即応したツアーとして好評である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です