イオンカード

イオンクレジットサービスのメインブランドである『イオンカード』には以下のラインナップがある。基本的にはイオンクレジットサービスがVISAと提携した「イオンVISAカード」、MasterCardと提携した「イオンMasterカード」、及びJCBと提携した「イオンJCBカード」の3つの国際ブランド付帯カードとなっている。尚、会員募集は積極的には行われていないが、イオンクレジットサービス単独で国際ブランドとは提携せず国際ブランドマークを付帯しないで発行され、イオンクレジットサービスのコーポレートマークのみが付いたイオンカードの基本カードであるイオンのハウスカード(同社ではこれを「イオンプロパーカード」と称している)も存在する。イオンカード – 基本カード。磁気ストライプとICチップ付きのカードと、磁気ストライプのみのものがあり従来通り申し込み時に指定した口座から使用代金が引き落とされる。イオンカード(WAON一体型) – 基本カードに電子マネー『WAON』の機能が付随したカード。現在は左下にワオンが描かれており(当初は裏面に描かれていた)、同時に接触型ICチップも搭載されている(他のWAON付随カードも同様)。また2016年現在、磁気ストライプのみの基本型イオンカードは更新のタイミングでこちらのカードに自動切替されるようになっている。
イオンカードセレクト – 現在の主力カード。基本カードにイオン銀行のキャッシュカード(イオンバンクカード)機能が付随したカード。イオンバンクカード自体がWAONとの一体化カードのため、このカードにもWAON機能が付随する。このため、クレジットの使用代金は付随のイオン銀行口座から引き落とされ、同口座からWAONへのオートチャージ機能を使用することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です