家計簿

現在、家計簿アプリは、大きく2種類のタイプに分けられる状況になっています。ウェブ連携を通して個人の金融資産を一括して管理できるオンライン型の家計簿アプリと従来の紙ベースの家計簿をより使いやすくする方向で発展してきたスタンドアローン型の家計簿アプリです。家計簿を手書きで書く場合などはオススメの書き方として5つの支出の項目について、書いていく方法です。1つ目が固定費。これは 住居費・水道光熱費・保険料・通信費・新聞・習いなど、毎月ほとんど変わらない支出です。次に必要経費。これは食費・日用品・雑費…など、生活のため必ず必要となる避けられない支出をコレに入れます。3つ目が浪費。被服費・嗜好品・レジャー費・接待交際費・お小遣い・趣味娯楽費など、最悪なくても生活できる支出がここに入ります。4つ目は投資 で有価証券の購入・貯蓄型保険料・書籍などの教養費など、将来の成長や利益につながる支出です。最後に特別費。これは。結婚・葬儀費用、耐久消費財の購入など、臨時で発生する大きな支出をここに入れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です