東北新幹線

東北新幹線(とうほくしんかんせん)は、東京駅から新青森駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の高速鉄道路線(新幹線)およびその列車である。全国新幹線鉄道整備法に基づく新幹線鉄道として初めて『全国新幹線鉄道整備法第四条第一項の規定による建設を開始すべき新幹線鉄道の路線を定める基本計画』(1971年運輸省告示)に盛り込まれた3線のうちの一つで(残り2線は上越新幹線と成田新幹線)、東京駅 – 盛岡駅間はこの告示をもって着工、1982年に大宮駅 – 盛岡駅間が開業し、1985年には上野駅 – 大宮駅間、1991年に東京駅 – 上野駅間が開業した。一方、盛岡駅 – 新青森駅間は1972年に告示された改正基本計画に盛り込まれた5線(整備新幹線と呼ばれるもの)のうちの一つで、北海道新幹線(青森市 – 旭川市間)の建設基本計画と合わせて追加されたものである。2002年に盛岡駅 – 八戸駅間が、2010年に八戸駅 – 新青森駅間が開業した。この区間の並行在来線にあたる東北本線は、岩手県側がいわて銀河鉄道線に、青森県側が青い森鉄道線の両第三セクターに移管された。最初の区間の着工から全線開業まで、他の新幹線は長くても10 – 20年前後のところ、東北新幹線は39年間もの歳月を要した。建設の経緯の関係上、鉄道会社が直接保有している区間と、鉄道建設・運輸施設整備支援機構が保有する整備新幹線区間に分かれているのも本路線が唯一となっている。日本最長の鉄道路線(営業キロ713.7km、実キロ674.9km)であり、線内の白石蔵王駅 – 仙台駅間にある 25.7km の直線区間は、日本最長の線路の直線区間である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です