郵便番号

郵便番号とは、郵便物のあて先に書く番号。郵便番号制は、郵便物の区分作業が能率的にしかも正確にできることから、1961年に旧西ドイツで最初に制度化され、日本では1968年(昭和43)に導入された。当初は5桁(けた)であったが、1998年(平成10)2月2日に7桁に変更された。導入当初の日本の郵便番号は、地域と郵便物の配達を行う全国の集配郵便局ごとにつけられ、配達する郵便物の多い局には3桁の数字(親番号)、その他の局は、その番号に続いて2桁の数字(子番号)がつけられた。1日に3000通以上の配達物のある事業所などには、専用の子番号がつけられた。定形郵便物や郵便葉書に記載された郵便番号を電子光学的に自動的に読み取って区分する郵便番号自動読取区分機が開発され、全国の主要な郵便局に配備された。機械による区分を効率化するため、郵便番号を記載する位置も定められ、封筒や葉書の所定の位置に、番号記入枠が印刷されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です