干支

干支(かんし、えと)は、十干と十二支を組み合わせた60を周期とする数詞のことをいいます。十干は五陰五陽又は天干といいます。木火土金水の五行を陰陽に配して、甲乙丙丁戊己庚辛壬癸とし、十日一旬のような十進法の計数に用いました。日本では、この陰陽を兄弟(えと)に見たて、下記のようによみます。 甲 きのえ 、乙 きのと 、丙 ひのえ 、丁 ひのと 、戊 つちのえ、己 つちのと 、庚 かのえ 、辛 かのと 、壬 みずのえ 、癸 みずのと 。また、十二支は六陰六陽、又は地支といいます。子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の十二字でもって、一年十二ヶ月の順を示しました。後これに鼠、牛、虎、兎、竜、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の十二種の動物をあてたもので、日本ではこれを次のようによみます。子 ね 、丑 うし 、寅 とら 、卯 う 、辰 たつ 、巳 み、午 うま 、未 ひつじ 、申 さる 、酉 とり 、戌 いぬ 、亥 ゐ 。そして、十二支(干支)は占いにも利用され性格と相性がわかるとされています。これには、十二支(干支)から占う方法もあります。あなたの干支はどれか?その干支の性格や他の干支との相性はどうなのか?が占いでわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です