桜 開花

2018年の開花予想は昨年12月から、全国的に気温は平年よりも低く推移しており、桜の休眠打破は順調に進んでいるとみられます。この先2月も、寒気の影響を受けて全国的に気温は平年よりも低めで推移すると予想しています。3月になると、寒気の影響は弱まり、気温は平年並みかやや高めとなるところが多くなる予想です。桜の開花は、九州では平年並みか平年よりやや早めとなり、鹿児島や宮崎では平年よりも早めの開花となる予想です。その他の地域では、平年並みか平年よりもやや遅めとなるところが多いと予想しています。東京は3月26日(平年並み)、名古屋が3月27日(平年より1日遅い)、大阪が3月26日(平年より2日早い)、京都が3月29日(平年より1日遅い)、予想ポイントの中で最も早く咲くのは鹿児島および宮崎で3月19日、最も遅く咲くのは青森で4月26日という予想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です