鯉のぼり

こいのぼり(鯉幟)とは元来、日本の風習で、江戸時代に武家で始まった、端午の節句である旧暦の5月5日までの梅雨の時期の雨の日に、男児の出世と健康を願って家庭の庭先で飾られた紙・布・不織布などに鯉の絵柄を描き、風をはらませてなびかせる吹流しを鯉の形に模して作ったのぼり。皐幟(さつきのぼり)、鯉の吹き流しとも言う。現在は、一般的にはグレゴリオ暦(新暦)5月5日に向けて飾られ、夏の季語として用いられる。飾られる季節も変わり、イメージは「晩春の晴天の日の青空にたなびくもの」となった。 但し地方により、端午の節句を祝う時期が違うので、旧暦の端午やひと月遅れのグレゴリオ暦(新暦)6月5日とする地方もある。鯉のぼりとは、中国の5月に行う厄払いの風習が元になった男の子の健康と出世を願う風習です。中国の鯉が黄河の激流を登って竜になったという故事にあやかり、今の形となりました。男の子の健康と出世を神様にお祈りする為、神様から気づいてもらえるよう外に飾ります。いつまで飾るのか明確な期限はありませんので、年中飾っていても間違いではありません。一般的には4月上旬から一か月程度を目安とし、縁起を担ぐ人は大安の日に出し大安の日にしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です