jr九州

jr九州の鉄道事業においては、博多駅・熊本駅・鹿児島中央駅の各都市間の輸送を主としている九州新幹線と、九州の各主要都市間を結ぶ在来線特急列車などの中長距離輸送が主な収益源となっているが、九州では主たる都市間を結ぶ高速道路の整備が早期から進んでおり、JR九州の列車と料金面で優位性のある高速バスが九州の各地で競合している。さらに福岡市と北九州市の大都市同士を結ぶ博多駅 – 小倉駅間では国鉄分割民営化により、山陽新幹線が西日本旅客鉄道(JR西日本)の所有となったことで、JR九州の所有する鹿児島本線の特急列車と時間的な優位性のあるJR他社の新幹線とも競争関係になるなど、競合交通機関に対して時間面、料金面、利便性の面などで圧倒的な優位性を発揮できる区間は限られているのが現状である。近距離輸送の面では、福岡市・北九州市をはじめ、九州各県の県庁所在地の近郊など比較的輸送量の多い線区も管内に存在するが、首都圏や関西圏などのように莫大な収益をもたらすものではなく、経営の一助になるには至っていない。むしろ、管内には輸送密度が低いローカル線も多く抱え、沿線の過疎化などの社会問題も相まって年々利用が減少しており、経営の負担になっている面もある。このような経営環境にあり、割引切符の拡充や増発などで主力である中長距離輸送のサービス向上を図る一方、現業部門のコスト縮減の一環として以下の施策により現業部門の人員削減を進めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です