円高

円高というのは、円が外国通貨に比べて相対的に価値が高まる場合をいう。逆に低下する場合は円安 depreciation of the Yenという。通常は,円がドル通貨に対して価値が高まったかどうかで,この表現が使われることが多い。相対的な価値は為替レートで表現され,たとえば 110円/ドルから 100円/ドルになる場合を円高,その逆を円安という。したがって,円高,円安という表現は,為替レートの変化の方向を示すものであって,為替レートの水準そのものを示すものではない。 もっと詳しく言うと、円高(安)とは、円の他国通貨に対する価値が高まる(低下する)こと。1973年に変動相場制に移行した後は、円に対する各国通貨は、経済成長率やインフレ率などの経済情勢に応じて価値が変動するようになった。85?88年の大幅な円高は、日本の経常収支の黒字、比較的高い経済成長率、低物価上昇率に加え、各国協調によるドル高是正のために起きた。円高の結果、輸出型産業が打撃を受け、日本では円高不況となる一方で、交易条件の改善により中間取引段階では利潤も発生した。また輸入物価の下落により国内物価の安定は続き、87?90年度には内需主導型経済成長が実現した。その後、93年7月には1ドル=100円台、95年4月には80円割れとたびたび円高に見舞われたが、不況下の円高は景気回復を遅らせる一因になった。逆に2001年後半から02年前半の円安時には、円安効果として輸出増加や企業収益の改善がもたらされた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です