国民健康保険

国民健康保険は、もしものときのために、加入者みんながお金を出し合って助け合う制度です。医療保険制度の中には、職場を通して加入する「健康保険」と、75歳以上の方が加入する「後期高齢者医療制度」、 その他の人が加入する「国民健康保険」があります。国民健康保険(国保)は地域単位で作られており、各市町村(保険者)が運営しています。そして、職場の健康保険に加入している方(及び生活保護を受けている方)以外は、 すべての方が国民健康保険に加入するよう法律で定められています。医療費は保険料で支えられています。国民健康保険の加入者は、保険による診療等を受ける「権利」を持つ一方で、保険料を納付していただく「義務」も持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です