セブンイレブン

セブンイレブンは、アメリカ合衆国発祥のコンビニエンスストアで、日本におけるコンビニエンスストア最大手であり、チェーンストアとしても世界最大の店舗数を展開しています。運営会社はイトーヨーカ堂の子会社・ヨークセブン(現:セブン-イレブン・ジャパン)がアメリカのSサウスランド社からライセンスを取得して、日本で事業を開始した。セブンイレブンの店舗はドミナント戦略と呼ばれる「特定の地域へ集中的に出店する」ことにより物流、広告、店舗指導その他で効率向上を狙った戦略を基に店舗展開を行っていると言われており、店舗数は日本一であるものの店舗数に対し未出店の地域がかなり多かったと言われていました。だから、三大都市圏の一つである名古屋ですら、意外にも21世紀に入るまで出店は無く(愛知県への初出店は2002年(平成14年)7月12日)、大阪への出店も1991年(平成3年)3月と比較的遅かったそうです。セブンイレブンのネットプリントサービスとしては、ネットプリントインターネット経由で登録した文書ファイル(PDF, Word, Excel, PowerPoint, JPEG, TIFF 形式等)を全国のセブン-イレブンで印刷できるサービスがあり、第3代機からメディア(CD-ROMやUSB)によるファイルプリントが出来ます。独自商品としては、2011年(平成23年)4月から、「パラドゥ」等を除いた多くのブランドを廃止しており、順次「セブンプレミアム・セブンプレミアムゴールド」シリーズとして販売している。SEVEN CAFEを2013年(平成25年)1月よりスタート。淹れたてコーヒーで他店と異なり、レジでカップのみを購入して、セルフサービスでコーヒーマシン(富士電機との共同開発)を操作するシステムとなっており大人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です