確定申告

確定申告(かくていしんこく)とは、日本の租税に関する申告手続きのことです。個人が、その年1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内に仮想通貨などの収入・支出、医療費や寄付、扶養家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定することともいえます。具体的には、個人事業主、農業従事者、不動産賃貸業を営む個人、不動産の譲渡による利益がある者や、一定の受取保険金がある者、政治家などは、収入や費用を自ら申告しなければならないのです。ちなみに申告時期は、毎年度、翌年2月16日から3月15日までの1か月間で期日が土曜日・日曜日と重なると順次繰り下げ、月曜日までとなります。ただし、源泉徴収額が所得税額より多く、還付を受ける場合(=還付申告)は申告期限前にあたる翌年1月1日(税務署の窓口に提出する場合は、官庁御用始めとなる1月4日以降の最初の平日)から2月15日までの間でも申告書を提出することができます。なお納税申告となる者が誤って2月15日以前に申告書を提出した場合も、申告時期まで税務署が預かるとみなして申告書を収受するため、提出を拒まれるというわけではないが、申告時期以前に納税した場合、その税金は申告時期が到来するまでは税として納付すべき原因がないのに納付済みになっている「過誤納金」として扱われるため注意が必要。確定申告をしなかった場合で、確定申告により納付すべき税金がある場合で期限後の申告には無申告加算税が加算されることになります。また、納付期限後の納付には延滞税が加算されることがあるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です