電子マネー

電子マネーとは、情報通信技術を活用した、企業により提供される電子決済サービスのことをいいます。法的に位置づけられた通貨など、いわゆる貨幣そのものではありません。電子マネー決済の実現方式には幾つかの方法があり、主なものとしては次の3つです。まずは、オンライン方式。これは金融機関、クレジットカード会社または電子マネーのサービス会社のホストコンピュータと、小売店等の決済用端末をオンラインで接続し決済を行う方式のことです。この方式はクレジットカード等と相似するため、既存インフラを参考にし、または流用しやすいメリットがあるといわれています。次に、オフライン方式。これは、金銭価値を電子化(情報機器や記憶媒体に置き換えること)して磁気カードやICカードなどに収納し、小売店等の決済端末によりオフライン決済を行う方式のことです。この方式はセキュリティの面から、非接触型ICカードによるものが殆どです。最後に、仮想通貨方式。この方式は、コンピュータネットワーク間の取引だけで仮想クーポンとして利用する方式です。。特にサービス会社のインターネット上のサーバーと、利用者のパソコンとの間で、IDとパスワード、または秘密の符丁により管理された電子マネーをやり取りするものが主流となっています。「ビットコイン」においては、政府が付与する信用につき法的な取扱いが問題視されてきています。今のコンビニエンスストアでは再びカードタイプでの仮想マネー型電子マネーの販売が行われるようになったが、裏のバーコードをPOSレジに通し、正当な支払いが行われるまでカードの残高が有効にならない「POSA(Point Of Sales Activation)方式」が導入されており、コンビニ強盗などでカード類を盗まれたとしても、カードが有効化されていないために利用できないようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です